読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Padrino Commit Oct 16, 2013

Padrino

ujifgc Merge pull request #1452 from padrino/padrino-start-accepts-handler-options

#1452のマージコミットです。

dariocravero Modified padrino start to take an extra --options (-O) parameter
dariocravero Made patch more readable thanks to @Ortuna's comment comment https://github.com/padrino/padrino-framework/pull/1452/files#r6968956

padrino start コマンドのオプションに —-options(省略形は -O) と —-server_options が追加されました。

—-options を使って Rack ハンドラにオプションを渡せるようになりました。

puma を使っている場合なら以下のようにすることで使用するスレッド数を指定できます。

$ padrino s -O Threads=3:16

—-server_options を渡すと Rack ハンドラがサポートしているオプションが表示されます。

$ padrino s --server_options
Server-specific options for Rack::Handler::Puma:
  -O Threads=MIN:MAX       min:max threads to use (default 0:16)
  -O Quiet                 Don't report each request

ただし、 Rack ハンドラに valid_options メソッドが実装されている場合のみで、PORT と Host オプションは除外されます。

ざっと確認したところ、WEBrick と Thin は PORT と HOST オプションしかサポートしていないので何も表示されませんでした…。

ujifgc do not sort dependencies, fixes #1458

依存ファイルの読み込み順が修正されました。